にゃんこ参謀本部

アクセスカウンタ

zoom RSS 参謀慰労会 小笠原B卓1

<<   作成日時 : 2008/01/15 01:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 誤字・脱字は修正しています。また、回線の不調により落ちたりした場面も、一部削っております。ご了承下さい。

十五夜@慰労会スタッフ :以上9名のみなさまとなっております

高原鋼一郎 :こんばんは。よろしくお願いします

彩雨@詩歌藩国 :りょーかいでしゅ

さちひこ@アウトウェイ :こんばんは

さちひこ@アウトウェイ :よろしくお願いします

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :どうも、こんばんはー。

本日は宜しくお願いします

里樹澪@ビギナーズ王国 :こんばんは、よろしくお願いします

室賀兼一@リワ :こんばんは。よろしくお願いします。

蘭堂 風光 :こんばんわー、よろしくお願いします

悪童屋 四季 :こんばんは宜しくお願いします。

十五夜@慰労会スタッフ :なお、希望ACEですが、以下のようになっております
2:ロール・クラン
1:軍神タカツキ(タカツキ・マサヤ)
1:HBペンギン
1:後藤亜細亜
2:希望無し
2:白票

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : よろしくお願いします

芝村 :
どうでもいいが、その面子で君たちはどんな癒され方をしたいんだ(笑)

高原鋼一郎 :さあw

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :よくわかりません(笑)

高原鋼一郎 :多分僕らが一番分ってないと思いますw

十五夜@慰労会スタッフ :(笑) えーみなさまお楽しみください。ということでスタッフは退避いたしますー

十五夜@慰労会スタッフ :ではー

高原鋼一郎 :はい、ありがとうございましたー

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :(そういいつつロールクランに投票したやつですが)

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :癒されるというか、タカツキと会えたら、歩兵や戦闘機の運用を聞く気満々ですが(汗

悪童屋 四季 :ありがとう御座いました。

さちひこ@アウトウェイ :ありがとうございます

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :ありがとうございましたー

里樹澪@ビギナーズ王国 :ありがとうございましたー

室賀兼一@リワ :ありがとうございました!

十五夜@慰労会スタッフ が会話から退席しました。

芝村 :
なるほど。講義なのね?

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : ありがとうございました。

芝村 :
講義受けたいなら、古今の名将あつめられるぞ

高原鋼一郎 :いやあ女性ACE呼んだら、単純に俺はまずいかなあと思っただけなので

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : いえ、自分の場合はですー

彩雨@詩歌藩国 :こちらが本スレッドでしょうか?
            スレッドて)

芝村 :
なるほど。>高原
まあ、単にわいわいやるのか、勉強するのか、どっちでもええよ

室賀兼一@リワ :古今の名将、、歴史上の人物などでしょうか。それはちょっと素敵ですね(笑)

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :古今の名将・・・確かに会ってみたいですね

蘭堂 風光 :個人的には講義も面白そうでいいですね

高原鋼一郎 :まあこの面子でわいわいやっても楽しそうですねw

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : (なんというか、公費でいちゃいちゃはあれかなーという考えがあったので)

 でも、ロールクランさんは謎なんでその辺りも面白そうです

彩雨@詩歌藩国 :聴いてみたい感じはしますね。>名将講義

芝村 :
お好きなように

悪童屋 四季 :どっちか決めましょう 時間ももったいないですし

彩雨@詩歌藩国 :ダイスで。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :ですね。
A.講義
B.わいわい
どちらか裏で上げてもらいましょう

芝村 :
どうよ?

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :講義が過半数を占めました

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :決まりました 講義でお願いします

芝村 :
OK。呼びたい人物がいれば連れてこれるよ。

彩雨@詩歌藩国 :亜細亜ー(個人的希望で)

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 善行さん、タカツキはお願いしたいところです

高原鋼一郎 :ええと投票で出てた人物から、でしょうか。それともそれ以外から追加という形でしょうか

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :古今の名将、がどういう人たちかが気になりますー

室賀兼一@リワ :呼べる人物は、これまでに出た無名世界観キャラクターでという理解でよろしいでしょうか。

芝村 :
無名世界観でなくてもいいけど。
歴史上最高の名将でも、よんでやろうか?

室賀兼一@リワ :(きっと無名世界観にもモントゴメリの同一存在とかジューコフの同一存在とかいるにちがいななな)

さちひこ@アウトウェイ :おー

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :おー

室賀兼一@リワ :おお。最高の名将。気になります…

芝村 :
20世紀最高だとティ・ビエンフーの英雄だろうけど

彩雨@詩歌藩国 :裏で思いっきり話し合っております

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :  おお、リアル方面も面白そうですね。

さちひこ@アウトウェイ :(わからーん(汗<ティビエンフー

芝村 :
一応名将もAI化してるんだよ。私が作戦立てるためのものとしてね

高原鋼一郎 :同じく…<ティ・ビエンフー

悪童屋 四季 :なるほど

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :なるほど・・・

室賀兼一@リワ :なるほど。。。

芝村 :
では。2ふんまってねー

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : どうせなら、最高の授業を受けたいですね。ティビエンフーさんにお願いしたいです

高原鋼一郎 :はい、お願いします

さちひこ@アウトウェイ :よろしくお願いします

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : お願いします

彩雨@詩歌藩国 :お願いします。

里樹澪@ビギナーズ王国 :お願いします

悪童屋 四季 :よろしくお願いします。

室賀兼一@リワ :よろしくお願いします。

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :よろしくおねがいしますー

彩雨@詩歌藩国 :「ティ・ビエンフー」という人物の基礎情報がほしいれす

彩雨@詩歌藩国 :ググれていう話かもしれませんが

芝村 :
グエン・ホー・ザップ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%83%97

  /*/

芝村 :
善行とタカツキは無茶苦茶に緊張している。
茶を飲む手も震えてるぞ

彩雨@詩歌藩国 :ああ…AI同士対面しているのか…

芝村 :
ここは講義室だ。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : (どきどき)

芝村 :
みなさんは椅子をならべて座ってる。

高原鋼一郎 :「ふー」

芝村 :
亜細亜は一番後ろで左右見て、ロールに微笑まれている

室賀兼一@リワ :ノート、よし。鉛筆、よし…

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :善行もいるのか・・・

彩雨@詩歌藩国 :(がたがたがたがた)消しゴムを震わせています

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :レポート用紙、よし

高原鋼一郎 :さっき名前出ましたからねえ

悪童屋 四季 :「……。」

蘭堂 風光 :「どんな講義が受けれるか楽しみですねえ。」

里樹澪@ビギナーズ王国 :後ろの方で緊張しながらシャーペンをカチカチしてます。

芝村 :
ドアが開いた。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「ええ、不肖の身ですが少しでも血となり肉としたいものです」<風光さん

高原鋼一郎 :扉のほうを見ます

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 起立します

彩雨@詩歌藩国 :同じく起立します

悪童屋 四季 :起立します。

蘭堂 風光 :どんな人が入ってきたか良く見ます

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :同じく、起立します

室賀兼一@リワ :起立します。

里樹澪@ビギナーズ王国 :起立します

蘭堂 風光 :つられて起立します

芝村 :
ドアから、ひょうひょうとした半黒髪の老人が入ってきた。

さちひこ@アウトウェイ :善行とタカツキをみてその行動を真似る

高原鋼一郎 :周りに合わせて席を立ちます

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :「礼!」

芝村 :
善行:「ベリサリウス……」
※東ローマ帝国の将軍。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :頭を下げます

室賀兼一@リワ :頭を下げます。

彩雨@詩歌藩国 :お願いしますと頭を下げます。

里樹澪@ビギナーズ王国 :頭を下げます。

蘭堂 風光 :礼をします

高原鋼一郎 :礼をします

玄霧弦耶@蜜柑撃破完了 :勿論礼をします

悪童屋 四季 :礼をします

芝村 :
ベリサリウス:「あー。どうぞどうぞ、座って」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : では、着席します

彩雨@詩歌藩国 :着席します。

高原鋼一郎 :着席します

室賀兼一@リワ :着席します。

里樹澪@ビギナーズ王国 :着席します

悪童屋 四季 :着席します

蘭堂 風光 :着席します

芝村 :
ベリサリウス:「きちんと座ると覚えられないね。絨毯を持ってこさせよう。枕も」

玄霧弦耶@緊張 :「ありがとうございます!」といってから着席します

芝村 :
椅子が持ち運ばれた。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「ありがとうございます」とにっこり

芝村 :
枕が渡された。
ベリサリウスは床の上にねそべった。

彩雨@詩歌藩国 :「え?あ?」といいながら椅子と枕でだらしなく座ります

蘭堂 風光 :絨毯の上に胡坐をかいてすわります。枕は手で持っています

里樹澪@ビギナーズ王国 :枕をもちつつ、とりあえず胡坐をかきます

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 胡坐で座ります  「どういう講義になるのかな〜♪」

高原鋼一郎 :枕を脇において足を崩して絨毯に座ります

彩雨@詩歌藩国 :「後藤さん、こっち開いてるよ」

玄霧弦耶@緊張 :教えにそって崩して絨毯に座ります

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「澪さん、はしたないですわよ」とか言いつつ、肘でつんつん

室賀兼一@リワ :正座しかけましたがあぐらをかきます。

悪童屋 四季 :胡座をかいて枕をひじ当てのように使って座ります

芝村 :
ベリサリウス:「さてと、みなさんは若い将軍だそうだ」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「え、だって、ズボンだしいいかなと」刻生さんにひそひそ返します

芝村 :ベリサリウス:「あるいは、そう、将官といったがいいかな」

高原鋼一郎 :「(俺軍人じゃなくて普通の勤め人なんですが…ま、いいか)」

悪童屋 四季 :「私はそうです。」

彩雨@詩歌藩国 :「(俺、半分ニートだったんですが…)」脂汗ちょっと出します

玄霧弦耶@緊張 :「そうなります。」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「なるなる」<ズボン

「はい、自分は官位は低いですが、戦に強くなりたくて、今日は来ました」

蘭堂 風光 :「俺の場合は、見習いみたいなものですが、勉強したいと思っています」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「(軍事はからきしだったなと思いつつ)……私も見習いですね」

室賀兼一@リワ :「将官、、、です」

彩雨@詩歌藩国 :「さ、さ、さ、さ、さ、さ、参謀とか…やってたようなやってないような…(超小声で)」

芝村 :
ベリサリウス:「うん」
ベリサリウス:「実は私も、16ではじめて指揮したときは、なんにもわからんかったな」
ベリサリウス:「本ばかり読んでたよ」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「16ですか。また、お若い」

彩雨@詩歌藩国 :「16で指揮というのも凄いですね」

室賀兼一@リワ :「本ばかり、ですか。どのような本をお読みだったんですか?」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「自分より全然若い……すごいなぁ」

芝村 :
ベリサリウス:「いやいや、人手不足はどうしようもない」 
ベリサリウス:「よいかな。軍事も軍人も、選んで出来るならそれが一番だが、まあ、そうそううまくは出来ていないのだよ。結局な」

高原鋼一郎 :「ですねえ」

悪童屋 四季 :「確かに常に人員が確保できるわけではないですからね。」

彩雨@詩歌藩国 :「ベリサリウス先生にとってその指揮の立場は貧乏くじを引くようなものだったのでしょうか」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 「では、勝つために努力をなさったのですね。 その立場に自分を合わせるように」

玄霧弦耶@緊張 :黙って聞いています

芝村 :
ベリサリウス:「もちろん指揮とは、国を守るための仕事だよ。もっと運が悪いことは一杯いる。間違ってほれ、戦場になったところの住民よりは幸運だよ」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「略奪、強姦、田畑や家宅の損耗・・・」

芝村 :
ベリサリウス:「軍人は専門家になりたがるが、戦争は・・・実際はそうでないのだよ。素人が戦うことはよくある」

彩雨@詩歌藩国 :「(真っ先に死ぬことはない、という意味だろうか)」黙って聴いています

里樹澪@ビギナーズ王国 :たしか、根源種族に虐殺されてた国もあったなと思い出してじっと聞きます

悪童屋 四季 :「素人が戦うとは?」

芝村 :
ベリサリウス:「例えばそうだな。今日食べたパンが腐っていたというのはどうだろう。風邪でもいい」
ベリサリウス:「わしらはまとめてトイレの友達だ。で、敵がせめてきた」
ベリサリウス:「もう素人の出番のような気がするな」

高原鋼一郎 :「対処するのはその場にいる素人の出番、ですか」

彩雨@詩歌藩国 :「(ああ…)……。」

玄霧弦耶@緊張 :「なるほど」

悪童屋 四季 :「確かに、そうなりますね」

蘭堂 風光 :「確かにハプニングは何時起きるかわからないですね。」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「・・・普通にありそうで怖いですね」

さちひこ@アウトウェイ :「激務で倒れたってのもあったな」

高原鋼一郎 :「ありそう、じゃなくて多分実際にありうる事態ですよこれ」

玄霧弦耶@緊張 :「人である以上は確実にね」>高原さんに乗っかって

彩雨@詩歌藩国 :「いや、実際ありましたね。猫参謀で」

室賀兼一@リワ :「ハプニングはどれだけ事前対策しても消えることはないのですね」

高原鋼一郎 :「前に火星の向こうと藩国で分断されたこともありましたしね」

芝村 :
ベリサリウス:「重要なのはね。軍事に関しては皆知識をもってたがいいということさ」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「誰でも代わりが出来るようなら、確かに心強いです」

芝村 :
ベリサリウス:「軍事は人を余らせるようなことはしない。数は力だよ。指揮官も同じだ」

さちひこ@アウトウェイ :(うちで参謀講義を各国に連絡したがいいかな…」

彩雨@詩歌藩国 :「出来る限り集めた人材をどう動かすか、なのかな…(超小声で)」

芝村 :
ベリサリウス:「さて」

悪童屋 四季 :「確かに、それはその通りだと思います」

芝村 :
ベリサリウス:「とはいうものの、素人が指揮いうても、大変じゃな」

玄霧弦耶@緊張 :「はい。先ず混乱が起こるかと」

芝村 :
ベリサリウス:「とはいえ、70近くまでわしが現役なのも問題じゃ」

高原鋼一郎 :「最終的に頼られ続けて後進が出ないわけですね」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「後進の育成問題は、困りますね」
                     「戦術や武器は変わるので、世代交代は常に必要でしょうし」

悪童屋 四季 :「どのように解決すればよろしいのでしょうか?」

玄霧弦耶@緊張 :「たしか、引退しては司令官に任命されたのでしたっけ・・・」>ベリサリウスさん

芝村 :
ベリサリウス:「わしが書いた書物を素人がもってそれに沿って動けば、わしはぼけてもええような気がするな。墓の下には入りたくないが」

高原鋼一郎 :「まあ、書物の中身だけで対応できる相手なら問題は無いですねえ」

室賀兼一@リワ :「運用教則を残して配るのですね」

悪童屋 四季 :「ふむ」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 「某同盟の将軍は、古代中国の書物を参考にして宇宙戦やってたしなぁ。

 兵の運用の根幹は変わらないということかな」

芝村 :
ベリサリウス:「ま、書物に書いてあることをまもっても、負ける時は負ける」

高原鋼一郎 :「そうですね」

彩雨@詩歌藩国 :「そうかもしれません」

芝村 :
ベリサリウス:「とはいえ、いいんじゃよ。それで、素人が戦うよりましだし、なにもせんより嫌がらせになる」

彩雨@詩歌藩国 :「(嫌がらせ!)」口をニヤリ

玄霧弦耶@緊張 :「確かに、相手も多少なりとも消耗しますからね」

芝村 :
ベリサリウス:「ま、一番いいのは、腹を壊さないことと、適切に敵を送り込むことじゃがな」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「よりまし、ならばいいということですか」

室賀兼一@リワ :「嫌がらせの手段にも時々に応じて色々あると思いますが、判断に迷ったら、何を基準に手段を選べばいいでしょうか」

芝村 :
ベリサリウス:「例えば敵は無茶な動員して。主力をわしにぶつける」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「正面から戦わないで、兵站を燃やしては逃げ、とかかなぁ」<素人に出来る嫌がらせ

芝村 :
ベリサリウス:「わしは勝つわな。だが、それ以外はどうかな」

高原鋼一郎 :「その分、相手は少しずつ数が薄くなっていくか他の場所を攻めるか…」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 「上手く行って、膠着状態。普通は敗走ですね」

彩雨@詩歌藩国 :「少なくとも0ではない損傷を負いますね」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「敗走するにしても、損耗率を抑えられれば良いのですが」

玄霧弦耶@緊張 :「無茶な動員の時点で損害を受けてますしね」

悪童屋 四季 :「酷いことになっているかもしれませんね。」

蘭堂 風光 :「人手が足りなければやられそうです」

室賀兼一@リワ :「無茶な動員の量にもよりますが、物量で押し切られているかと考えます」

芝村 :
ベリサリウス:「軍神とよばれたわしに勝つのは出来ないと思う奴も、わし以外には勝つかもと思う。だから・・・」

彩雨@詩歌藩国 :「攻めてくる可能性がある、のかな(超小声で)」

玄霧弦耶@緊張 :「隙だらけ、と」

高原鋼一郎 :「別の場所を攻める」

悪童屋 四季 :「自分の勝てそうな敵を攻撃するのですね」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「自分を囮にして、でしょうか」

高原鋼一郎 :「で、ベリサリウスさんが必要な場所から動けばすぐ退いて、他の連中が引っ張りまわす、とかかな」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「有利な戦場に導く」

芝村 :
ベリサリウス:「そうだ。副将や先鋒だけなら勝てるかもしれない、と思う奴は多い」
ベリサリウス:「軍事とは結局、勝てる奴にしか勝てんのだよ」

高原鋼一郎 :「なるほど」

芝村 :
ちなみにベリサリウスは生涯で何度となく、戦いを回避されたり、迂回で本国つかれたり、引退の隙を狙われたりしてる

悪童屋 四季 :なるほど

室賀兼一@リワ :うーん。

高原鋼一郎 :まあ、まともに当たったら勝てない相手だったらそういうのは確かに定石ですね

彩雨@詩歌藩国 :「攻めてくれば勝てないから、隙を狙って削ってくる…?(超小声で)

蘭堂 風光 :余程恐れられていたんですね。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 「勝てない相手とは戦わないで済めば、それに越したことはないですが。そうもいかず・・・」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「自分たちは、いつも全力でぶつかってたような気がするなぁ……」

芝村 :
タカツキ:「海法不在の攻撃を検討すべきなのかな」

室賀兼一@リワ :(強い敵が戦場に出てくる前に、ないし交戦する前に、勝利条件を詰む…)

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「また、怖いことを仰る。それを何とかする為の講義ですが」

彩雨@詩歌藩国 :「ああ…(猫参謀でそう思っていた人は多いかもしれない>海法さん不在)」

さちひこ@アウトウェイ :「平日の昼とかに来られてたら 全滅確定だな」

高原鋼一郎 :「この間一応やったことはやったんですけどね」>海法さん不在

彩雨@詩歌藩国 :(そうなの?知らんかった>高原さん)

高原鋼一郎 :(火星とレムーリアに進軍した時な)

芝村 :
ベリサリウス:「ま、ある特定の将帥が活躍するほど、敵はそれに対応する」

悪童屋 四季 :「心を折る戦いになるのですね。」

芝村 :
ベリサリウス:「軍事とはいつも過去の対策をもってなる、前を見た戦いは、実はあまりない」
ベリサリウス:「後ろ向いてる上に、満足に風邪もひけん、ああ、いやだいやだ」
それこそが最高の名将の言葉であった。

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「経験と歴史を活かすことが、勝利の近道ですか」

玄霧弦耶@緊張 :「(ホロリ)」

高原鋼一郎 :「戦いが起こるのはほとんどの場合未来を見据えてではなく、今と過去が原因ですからねえ」

玄霧弦耶@緊張 :「そもそも前を向いても敵戦力の想定とか出来ませんしね・・・」

芝村 :
ベリサリウス:「とはいうものの」

悪童屋 四季 :「はい」

芝村 :
ベリサリウス:「いい手も、あるな」
ベリサリウス:「わしは、騎馬部隊を良く使う」

さちひこ@アウトウェイ :「スピードっすか」

彩雨@詩歌藩国 :「フットワークで、でしょうか」

芝村 :
ベリサリウス:「十分に早ければ、2個の戦場を渡り歩くこともできよう」

さちひこ@アウトウェイ :(AR15と見た<騎馬部隊

高原鋼一郎 :「戦術に幅が出ますね」>騎馬部隊

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 : 「速さは力だ・・・」(ちょっと思い出し涙)

玄霧弦耶@緊張 :主力の歩兵を囮にして側面から騎兵で突撃したと歴史ゲーでありました(ぉ

里樹澪@ビギナーズ王国 :「でも、相手は騎馬に特化した対策してきそうですね」

室賀兼一@リワ :「突破力の高い部隊、ということですか」

蘭堂 風光 :「機動力が重要という事ですか?」

彩雨@詩歌藩国 :「(万一読みが外れても、そう遅くない時間で主戦場に移動できるから…?)」

芝村 :
べリサリウス:「で、問題は騎馬部隊がつくまで、戦場で粘れるかだ」
ベリサリウス:「歩兵とは防御兵科なんじゃよ」

高原鋼一郎 :「なるほど」

彩雨@詩歌藩国 :「…!」

悪童屋 四季 :「ふむふむ」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「となると、そちらの部隊は装甲重視でしょうか」<歩兵で粘る

さちひこ@アウトウェイ :「ローマの歩兵は重装歩兵だったな…」

彩雨@詩歌藩国 :「(時間稼ぎの嫌がらせ部隊かもしれない…?)」

里樹澪@ビギナーズ王国 :「(人の壁……っていうわけじゃないか)」

芝村 :
ベリサリウス:「装甲も重要だが攻撃力も重要だ」
ベリサリウス:「工兵がいて、重装甲があって、反撃されるとただではすまない」

玄霧弦耶@緊張 :「相手が攻めあぐねた所を弓や騎馬でなぎ払う、ということでしょうか」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「攻撃と装甲の両立ですか。やはり、数が居りますね、歩兵は・・・」

高原鋼一郎 :「相手に被害を与えてかつ、向こうの行動を阻害するという感じでしょうか」

芝村 :
ベリサリウス:「まあ、歩兵はあらゆるところに配備しておかんといかんからね」
ベリサリウス:「その間に騎兵で後ろを取るか、本国を潰せばよい」

悪童屋 四季 :「なるほど!」

室賀兼一@リワ :「装甲、攻撃力優先のために移動力を犠牲にして、その分は大量配備でカバーする、というわけですね」

さちひこ@アウトウェイ :「悪童同盟の気化爆弾がききそうだな…」<本国つぶし

蘭堂 風光 :「なるほど、機動力のなさを数でカバーですか。」

刻生・F・悠也@フィーブル藩国 :「まっとうですね。勉強になります」


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参謀慰労会 小笠原B卓1 にゃんこ参謀本部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる