にゃんこ参謀本部

アクセスカウンタ

zoom RSS EV87 イラスト選考についてのお詫び

<<   作成日時 : 2007/06/20 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「E87 宇宙への侵攻」につきまして、イラストの選考基準に不満があるとの声を受けて説明と謝罪を告知致します。

寄せられた意見・苦情
1:選考に偏りがあるように見える
2:テンダイスに選考基準が見あたらず、選考の経過が不明瞭である。
3:選考に関わった参謀が少数であり、作業態度も誠実に欠けているように見える。
4:選考から弾かれる内容が管制重視や備え付けの砲台がダメなど、選考の基準に納得がいかない。(あらかじめデザインの要項を告示しておいてくれれば、作戦班の要求に沿う設計が出来たはず)

/*/

1:選考に偏りがあるように見える
2:テンダイスに選考基準が見あたらず、選考の経過が不明瞭である。

○調査結果
・猫参謀の選考結果が管制室・砲台・戦闘機が一国に偏っている。
・テンダイスに結果だけを載せ、選考理由の詳細の告知を行っていない。

○問題点
参謀が選考理由を提示できていないため、実際に偏りを生んでいる結果に対して参加者が納得することが困難となっている。

○お詫びと説明
今回、デザイン決定後に投稿者に対する告知が無く、また選定方法や投票状況から不信感を抱かせる結果となってしまいました。
デザインを投稿して下さった技族、文族の方々に対して配慮を欠いた対応を行い、不快にさせてしまいました事をお詫び申し上げます。
選考理由の詳細は以下になります。
デザイン選出に関しては、選考に際しては犬猫参謀で既に行われている宇宙対策作戦に基づき、その一助となるデザインを選定することにのみ重点を置きました。
また、デザインについては、設定文章もデザインの一部であると言う解釈のもと行われています。

・選考決定の流れ
帝国参謀との会議した結果、「帝国と共和国で役割分担をしつつ、個々の戦闘能力も維持する」という方針に決定しました。
共和国は「索敵情報の処理を行う管制室」「防空火力としての砲台」「主力戦闘機」という組み合わせです。
また、基本的に持久戦は考慮せず、短期決戦を目的とした機動力と火力を重視しています。

管制室に関しては、主力戦闘機の誘導能力も保有する点を考慮して決定しました。

砲台に関しては多目的プラットフォームの装備となっていない物は全て選考から外しています。
船の装備ではなく、独立した砲台となっている物がそれにあたります。

戦闘機は敵の戦闘機に対する攻撃能力と機動力を第一に考え、次に対艦攻撃能力等の性能を考慮しました。
また、機体の値段が明記されている事から生産性の高さに関してはあまり考慮されていません。
比嘉劉輝@3級



この件に関しては不正があったわけではなく、猫グループの場合、全てのデザインが一つの藩国に集中してしまい、更に選考リーダーがその藩国の国民であった事、そして私たちの対応が選定方法や投票状況での不信感を抱かせる結果となってしまいました事は否めません。深くお詫び申し上げると共に、これからはイラストやテキスト選考にて、より平等に、より勝てる結果となるように努力と工夫を続けていきたいと考えています。

/*/

3:選考に関わった参謀が少数であり、作業態度も誠実に欠けているように見える。
4:選考から弾かれる内容が管制重視や備え付けの砲台がダメなど、選考の基準に納得がいかない。(あらかじめデザインの要項を告示しておいてくれれば、作戦班の要求に沿う設計が出来たはず)

○調査結果
・実質の選考を作戦藩の数名のみで行っている
・全参謀に対する選考募集も行われていたが、一人しか投票していない。
・デザインの解釈の段階(砲台機の概念など)で蹴られている例が多い。
・選定態度に関して、本来内内のはずの会議結果ログを参加者への選定理由として参謀が説明している。

○問題点
・一部のみで決められているため、公平性と説得力に欠ける
・デザイン選考者が募集段階で解釈を周知させる努力を怠っている

○お詫びと説明
選定会議の参加者が少なく、また作業者の発言などから不信感を抱かせる結果となってしまいました。
また、本来内内でどうしても見苦しくそのまま公開すれば当然不況を買うであろう会議結果ログを、外部への説明材料にしたことに、重ねてお詫びを申し上げます。


参加者が少なかった理由は時間の都合が合わなかった事や、そもそも選定会議を行う事の告知が不十分であった事が原因と考えられます。
発言に関しては長時間の業務によって集中力が切れた事や、選定作業終了に伴う気の緩み、そもそも投稿者に対する配慮が欠けていた事が原因だと思われます。

時間や告知に関しては、投票の改善案と同様の物が使用出来ると思います。
また(内内の会議とは言え)発言に関しては作業意識を改めると共に、作業終了後も緊張感を切らさないように注意を払うべきだと思いました。
参謀の口調が悪いという不満は過去にも見られた意見なので、これは今後徹底したいと思います。


デザイン選考については、参謀が選考すると告知されたのが募集後のことでした。
よって、事前に選考基準を通知することは不可能であったと考えます。
それでも事前に砲台機などのイメージに対して、こちらから何らかのアプローチをかけるなりは出来たかもしれません。
今後同様のことが発生することがあれば、事前に参加者の皆様と参謀作戦部とでイメージのすり合わせを行うことで解決して行きたく思います。
その際はご協力をお願いします。


/*/


長文になりましたが、以上で「E87 宇宙への侵攻」イラスト選考についての説明と謝罪を告知を終了させていただきます。
理不尽な思いをされたデザイン参加者様に深くお詫びを申し上げます。

共和国参謀長:はる
準参謀長:玄霧
宇宙作戦班班長:比嘉劉輝


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EV87 イラスト選考についてのお詫び にゃんこ参謀本部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる